利用規約 サイト運営者

初心者向け誰でもわかるFX

オフショア投資って?

オフショア投資って?

オフショア投資って?

オフショア投資って一体何もの?

海外投資に興味がある人なら一度は聞いたことがあるでしょう「オフショア投資」。これは直訳すれば海外投資という意味になるのですが、投資の世界では単に海外で行う投資のことではなく、税金が極めて安い又はほとんど掛からないタックスヘイブン(ヘヴンではありません)にて行う投資のことを指します。国内外に関わらず既に投資を始めている方にとっては税金というものがいかに重いものかは骨身にしみて理解されていることと思います。日本でもデリバティブ等では利益の20%に税金が掛かりますし、個別株式でも軽減税率が撤廃されたため同じように重い税金が課されてしまいます。損失となる可能性もある取引を何度も行い、死にもの狂いで手に入れたお金を横からサラッと持っていかれるのですからたまったものではありません。税金の安い国や掛からない国で資産を運用しようと思うのは、上級者トレーダーにとってはむしろ当たり前のことと言えるのです。

実際にオフショア投資をはじめるには

オフショア投資を行う方法としては、タックスヘイブン国に拠点を構えるヘッジファンド等に資金の運用を委託する方法が一般的です。もちろん自分自身がタックスヘイブン国へと移住して様々な投資活動を展開しても構いませんし、その方が日本の税務署などからツッコミが入る可能性が無くなるわけですが、なかなか移住してまで・・・と思われる方も多いと思います。

問題点とリスク

日本国内に住所をおいたままオフショア投資を行う場合は税務署からいかにして睨まれないかがポイントとなります。国をまたいだお金のやり取りにおいては専門家の間でも意見が割れることがしばしば起こります。税務署は海外口座から日本国内の金融機関に突然大きな入金があった場合など、まるで警察犬のようにその臭いをかぎつけ調査に乗り出します。その結果「納税義務アリ」と判断されればせっかくオフショア投資を行ったにも関わらずその苦労は水の泡となってしまうわけです。

税務署からそのような連絡を受けた場合は残念ながら原則としてはおとなしく納税を済ませてしまった方が良いでしょう。問題が泥沼化し「悪意があった」とまで見なされれば最悪、犯罪者にまでされてしまいます。税務署の動きが厳しくなっている現在ではオフショア投資にはそのようなリスクがあることも念のため知っておかなければなりません。

copyright(C)初心者向け誰でもわかるFX